WHAT WE BELIEVE
ホンモノのおいしいをつくる
We Create the Authentic “Delicious”

私たちが信じるおいしいの基準

本当においしいフルーツを食べる瞬間、フレッシュな香りが鼻に抜け、やさしい甘みが口に拡がる。みずみずしい“命の結晶”がカラダに元気を与えてくれる。フルーツは正しく育て厳しい基準で厳選し、適切なタイミングと調理法で食することが大切だと考えています。私たちが信じる「おいしいの基準」とは、人間の本能に響く果実そのものの魅力をそのまま感じることができるか、ということ。「美味しい感動を記憶に残したい」その想いでずっと、そしてこれからもフルーツと共に歩んでいます。

OUR DNA

育てることへの挑戦

農園では気温や天候を細やかにチェックしています。365日めまぐるしく変化する自然を相手に悪戦苦闘する日もあります。年々変化する気候の中で、予想外の出来事も多々起こり、育てることは常に挑戦です。しかし、苦難を一緒に乗り越えた後にみずみずしく実るフルーツ達をイメージし、心を込めて育てています。安全で安心な果物を一番おいしいタイミングでお客様に届けたい。日々の闘いの中でその思いを大切にしながら、より良い育て方を追求しています。

美味しく食べて頂くまでが責任

フルーツの持っている素晴らしい力や美味しさをお客様に伝えたい。丹精込めて育てたフルーツを新鮮な状態で食べて欲しい。フルーツパーラーは私たちの「美味しく食べて頂くまでが責任」という想いをかたちにし、お客様へつなぐための場所です。フルーツは収穫した日に各店舗へ届けられ、1つ1つ丁寧に切り分けます。旬のフルーツを使ったスイーツを経堂「ICHIMAN」、志木「Lafrutta」でお召し上がりいただけます。